研究業績

書籍

  1. Shoko IMAIZUMI, Masaaki FUJIYOSHI, and Hitoshi KIYA,
    A Novel Access Control Scheme for Multimedia Content with Modified Hash Chain,”
    in Multimedia - A Multidisciplinary Approach to Complex Issues (edited by Ioannis Karydis), pp.85–98, Intech, March 2012.

学術論文

  1. Anu ARYAL, Shoko IMAIZUMI, Takahiko HORIUCHI, and Hitoshi KIYA,
    Integrated Model of Image Protection Techniques,”
    J. Imaging, vol.4, no.1, January 2018.

  2. Shoko IMAIZUMI, Takeshi OGASAWARA, and Hitoshi KIYA,
    Block-Permutation-Based Encryption Scheme with Enhanced Color Scrambling,”
    LNCS, P. Sharma, F. Bianchi (Eds.), Springer-Verlag, vol.10269, pp.562-573, May 2017.

  3. Kenta KURIHARA, Shoko IMAIZUMI, Sayaka SHIOTA, and Hitoshi KIYA,
    An Encryption-then-Compression System for Lossless Image Compression Standards,”
    IEICE Trans. Inf. & Syst., vol.E100-D, no.1, pp.52-56, January 2017.

  4. Anu ARYAL, Shoko IMAIZUMI, and Takahiko HORIUCHI,
    Hierarchical Scrambling Method for Palette-Based Image Using Bitwise Operation,”
    Bull. Soc. Photogr. Imag. Japan, vol.26, no.1, pp.1–9, June 2016.

  5. Hiroyuki KOBAYASHI, Shoko IMAIZUMI, and Hitoshi KIYA,
    A Robust Identification Scheme for JPEG XR Images with Various Compression Ratios,”
    LNCS, T. Bräunl, B. McCane, M. Rivera, and X. Yu (Eds.), Springer-Verlag, vol.9431, pp.38-50, February 2016.

  6. Takeshi OGASAWARA, Shoko IMAIZUMI, and Naokazu AOKI,
    Scalable Tamper Detection and Localization Scheme for JPEG2000 Codestreams,”
    LNCS, Y. -S. Ho, J. Sang, Y. M. Ro, J. Kim, and F. Wu (Eds.), Springer-Verlag, vol.9315, pp.340-349, December 2015.

  7. Kenta KURIHARA, Masanori KIKUCHI, Shoko IMAIZUMI, Sayaka SHIOTA, and Hitoshi KIYA,
    An Encryption-then-Compression System for JPEG / Motion JPEG Standard,”
    IEICE Trans. Fundamentals, vol.E98-A, no.11, pp.2238-2245, November 2015.

  8. Anu ARYAL, Kazuma MOTEGI, Shoko IMAIZUMI, and Naokazu AOKI,
    Improvement of Multibit Information Embedding Algorithm for Palette-Based Images,”
    LNCS, J. Lopez and C. J. Mitchell (Eds.), Springer-Verlag, vol.9290, pp.511-523, August 2015.

  9. Shoko IMAIZUMI and Kei OZAWA,
    Palette-Based Image Steganography for High-Capacity Embedding,”
    Bull. Soc. Photogr. Imag. Japan, vol.25, no.1, pp.7–11, June 2015.

  10. Shoko IMAIZUMI and Kanichi TANIGUCHI,
    Hierarchical Image Authentication Based on Reversible Data Hiding,”
    Bull. Soc. Photogr. Imag. Japan, vol.24, no.1, pp.1–5, June 2014.
    日本写真学会論文賞

  11. Shoko IMAIZUMI and Kei OZAWA,
    Multibit Embedding Algorithm for Steganography of Palette-Based Images,”
    LNCS, R. Klette, M. Rivera, S. Satoh (Eds.), Springer-Verlag, vol.8333, pp.99–110, January 2014.

  12. 今泉 祥子, 藤吉 正明, 貴家 仁志,
    低演算量鍵生成手法を用いたマルチメディアコンテンツの多重階層型アクセス制御方式,”
    映像情報メディア学会学会誌, vol.66, no.2, pp.69–73, 2012年2月.

  13. Shoko IMAIZUMI, Masaaki FUJIYOSHI, Hitoshi KIYA, Naokazu AOKI, and Hiroyuki KOBAYASHI,
    A Key Derivation Scheme for Hierarchical Access Control to JPEG 2000 Coded Images,”
    LNCS, Y. -S. Ho (Ed.), Springer-Verlag, vol.7088, pp.180–191, January 2012.

  14. 今泉 祥子, 藤吉 正明, 貴家 仁志,
    再帰型ハッシュ連鎖を用いた暗号鍵生成方式と多次元階層的アクセス制御への適用,”
    映像情報メディア学会学会誌, vol.65, no.2, pp.193–202, 2011年2月.
    丹羽高柳賞論文賞受賞

  15. 今泉 祥子, 阿部 淑人, 藤吉 正明, 貴家 仁志,
    一方向性ハッシュ関数を用いたディジタル動画像の効果的アクセス制御方式,”
    映像情報メディア学会学会誌, vol.64, no.11, pp.1621–1627, 2010年11月.

  16. Shoko IMAIZUMI, Masaaki FUJIYOSHI, and Hitoshi KIYA,
    An efficient access control method for composite multimedia content,”
    IEICE Electronics Express, vol.7, no.20, pp.1534–1538, October 2010.

  17. Masaaki FUJIYOSHI, Shoko IMAIZUMI, and Hitoshi KIYA,
    Encryption of Composite Multimedia Contents for Access Control,”
    IEICE Trans. Fundamentals, vol.E90-A, no.3, pp.590–596, March 2007.

  18. 貴家 仁志, 今泉 祥子, 渡邊 修,
    マーカコードの発生を考慮したJPEG2000符号化画像の情報半開示法,”
    電子情報通信学会論文誌, vol.J86-D-II, no.11, pp.1628–1636, 2003年11月.

解説・総説

  1. 今泉 祥子,
    コンテンツ配信サービスにおけるアクセス制御と鍵管理,”
    日本印刷学会学会誌,vol.49,no.3,2012年6月.

  2. 今泉 祥子,藤吉 正明,貴家 仁志,
    ハッシュ関数を用いたデジタル動画像のアクセス制御方式,”
    画像ラボ,日刊工業出版,2011年7月.

国際会議論文

  1. Warit SIRICHOTEDUMRONG, Tatsuya CHUMAN, Shoko IMAIZUMI, and Hitoshi KIYA,
    Grayscale-based Block Scrambling Image Encryption for Social Networking Services,”
    in Proc. IEEE International Conference on Multimedia and Expo, San Diego, USA, 23rd July, 2018 (to be presented).

  2. Hiroki UJIIE, Shoko IMAIZUMI, Takeshi OGASAWARA, Kazuma MOTEGI, Seiji SHIRONO, and Mai SARAI,
    Encryption System for Digital Archiving of Cultural Properties,”
    in Proc. of International Workshop on Advanced Image Technology, no.131(PS1-18), Chiang Mai, Thailand, 9th January, 2018.

  3. Anu ARYAL, Shoko IMAIZUMI, Takahiko HORIUCHI, and Hitoshi KIYA,
    Integrated Algorithm for Block-Permutation-Based Encryption with Reversible Data Hiding,”
    in Proc. of APSIPA Annual Summit and Conference, no.WA-08.2, Kuala Lumpur, Malaysia, 13th December, 2017.

  4. Shoko IMAIZUMI, Takeshi OGASAWARA, and Hitoshi KIYA,
    Block-Permutation-Based Encryption Scheme with Enhanced Color Scrambling,”
    in Proc. of Scandinavian Conference on Image Analysis, LNCS 10269, pp.562-573, Tromso, Norway, 13th June, 2017.

  5. Kazuma MOTEGI and Shoko IMAIZUMI,
    Image Authentication Scheme with Localization Using YIQ Color Space,”
    in Proc. of International Workshop on Advanced Image Technology, no.2B-6, Penang, Malaysia, 9th January, 2017.

  6. Hiroyuki KOBAYASHI, Shoko IMAIZUMI, and Hitoshi KIYA,
    A Robust Identification Scheme for JPEG XR Images with Various Compression Ratios,”
    in Proc. of Pacific-Rim Symposium on Image and Video Technology, LNCS 9431, pp.38-50, Auckland, New Zealand, 25th November, 2015.

  7. Takeshi OGASAWARA, Shoko IMAIZUMI, and Naokazu AOKI,
    Scalable Tamper Detection and Localization Scheme for JPEG2000 Codestreams,”
    in Proc. of Pacific-Rim Conference on Multimedia, LNCS 9315, pp.340-349, Gwangju, Korea, 17th September, 2015.

  8. Anu ARYAL, Kazuma MOTEGI, Shoko IMAIZUMI, and Naokazu AOKI,
    Improvement of Multibit Information Embedding Algorithm for Palette-Based Images,”
    in Proc. of Information Security Conference, LNCS 9290, pp.511-523, Trondheim, Norway, 11th September, 2015.

  9. Anu ARYAL, Shoko IMAIZUMI, and Naokazu AOKI,
    Hierarchical Scrambling for Palette-Based Images Using Transposition Cipher,”
    in Proc. of International Conference on Advanced Imaging, no.T109-01, pp.701-704, Tokyo, Japan, 19th June, 2015.

  10. Shoko IMAIZUMI and Yuto TOBE,
    Flexible Partial Encryption for Palette-Based Images,”
    in Proc. of International Workshop on Advanced Image Technology, no.160, Tainan, Taiwan, R.O.C., 12th January, 2015.

  11. Anu ARYAL, Shoko IMAIZUMI, and Naokazu AOKI,
    Hierarchical Scrambling Scheme for Palette-Based Images,”
    in Proc. of IEEE International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems, no.74, pp.65-70, Kuching, Malaysia, 2nd December, 2014.

  12. Shoko IMAIZUMI and Kei OZAWA,
    Multibit Embedding Algorithm for Steganography of Palette-Based Images,”
    in Proc. of Pacific-Rim Symposium on Image and Video Technology, LNCS 8333, pp.99–110, Guanajuato, Mexico, 30th October, 2013.

  13. Shoko IMAIZUMI,
    A Collusion-Free Key Assignment Scheme for Hierarchical Access Control Using Recursive Hash Chains,”
    in Proc. of IEEE International Symposium on Circuits and Systems, no.A3L-A-4, pp.445-448, Beijing, China, 20th May, 2013.

  14. Kei OZAWA, Shoko IMAIZUMI, Naokazu AOKI, and Hiroyuki KOBAYASHI,
    A High-Capacity Data Embedding Scheme for Palette-Based Images with High Image Quality,”
    in Proc. of International Workshop on Advanced Image Technology, no.SPS-27, p.806, Nagoya, Japan, 8th January, 2013.

  15. Shoko IMAIZUMI, Naokazu AOKI, Hiroyuki KOBAYASHI, and Hitoshi KIYA,
    Multi-dimensional Key Assignment for Hierarchical Media Access Control with Collusion Resilience,”
    in Proc. of IARIA International Conference on Systems and Networks Communications, pp.77-82, Lisbon, Portugal, 20th November, 2012.

  16. Yuto TOBE, Shoko IMAIZUMI, Naokazu AOKI, and Hiroyuki KOBAYASHI,
    A Visible Data Hiding Scheme for Printed Color Images,”
    in Proc. of IEEE International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems, no.E4.4, pp.653–657, New Taipei City, Taiwan, R.O.C., 6th November, 2012.

  17. Shoko IMAIZUMI, Naokazu AOKI, Hiroyuki KOBAYASHI, and Hitoshi KIYA,
    Hierarchical Key Assignment Scheme for Multimedia Access Control with Modified Hash Chain,”
    in Proc. of IEEE International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing, no.CM-2.1, pp.293–296, Piraeus, Greece, 20th July, 2012.

  18. Shoko IMAIZUMI, Masaaki FUJIYOSHI, Hitoshi KIYA, Naokazu AOKI, and Hiroyuki KOBAYASHI,
    Key Derivation Scheme for Hierarchical Access Control to Multimedia Content,”
    in Proc. of International Workshop on Advanced Image Technology, no.F-4, pp.246–251, Ho Chi Minh City, Vietnam, 10th January, 2012.

  19. Shoko IMAIZUMI, Masaaki FUJIYOSHI, Hitoshi KIYA, Naokazu AOKI, and Hiroyuki KOBAYASHI,
    A Key Derivation Scheme for Hierarchical Access Control to JPEG 2000 Coded Images,”
    in Proc. of Pacific-Rim Symposium on Image and Video Technology, Part II, LNCS 7088, pp.180–191, Gwangju, Korea, 22nd November, 2011.

  20. Shoko IMAIZUMI, Masaaki FUJIYOSHI, and Hitoshi KIYA,
    An Efficient Access Control Scheme for Multimedia Content Using Modified Hash Chain,”
    in Proc. of IARIA International Conference on Systems and Networks Communications, pp.175–180, Barcelona, Spain, 26th October, 2011.

  21. Shoko IMAIZUMI, Masaaki FUJIYOSHI, and Hitoshi KIYA,
    Efficient Collusion Attack-Free Access Control for JPEG 2000 Coded Images,”
    in Proc. of APSIPA Annual Summit and Conference, no.MP-P2-6, pp.270–273, Sapporo, Japan, 5th October, 2009.

  22. Shoko IMAIZUMI, Masaaki FUJIYOSHI, and Hitoshi KIYA,
    Efficient Collusion Attack-Free Access Control for Multidimensionally Hierarchical Scalability Content,”
    in Proc. of IEEE International Symposium on Circuits and Systems, no.A3L-F-4, pp.505–508, Taipei, Taiwan, R.O.C., 25th May, 2009.

  23. Noriaki HASHIMOTO, Shoko IMAIZUMI, Masaaki FUJIYOSHI, and Hitoshi KIYA,
    Hierarchical Encryption Using Short Encryption Keys for Scalable Access Control of JPEG 2000 Coded Images,”
    in Proc. of IEEE International Conference on Image Processing, no.WP-PG.4, pp.3116–3119, San Diego, CA, the US, 15th October, 2008.

  24. Shoko IMAIZUMI, Masaaki FUJIYOSHI, Yoshito ABE, and Hitoshi KIYA,
    Collusion Attack-Resilient Hierarchical Encryption of JPEG 2000 Codestreams with Scalable Access Control,” in Proc. of IEEE International Conference on Image Processing, vol.II, no.MP-L5.3, pp.137–140, San Antonio, TX, the U.S., 17th September, 2007.

  25. Masaaki FUJIYOSHI, Wataru SAITOU, Shoko IMAIZUMI, and Hitoshi KIYA,
    Hierarchical Cipher for Controlling Access to Multimedia Contents,”
    in Proc. of International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, vol.II, no.WAM1-4-4, pp.69–72, Chiang Mai, Thailand, 12th July, 2006.

  26. Shoko IMAIZUMI, Osamu WATANABE, Masaaki FUJIYOSHI, and Hitoshi KIYA,
    Generalized Hierarchical Encryption of JPEG 2000 Codestreams for Access Control,”
    in Proc. of IEEE International Conference on Image Processing, vol.II, no.TuePmPO5.6, pp.1094–1097, Genoa, Italy, 13th September, 2005.

  27. Hitoshi KIYA, Shoko IMAIZUMI, and Osamu WATANABE,
    Partial-Scrambling of Image Encoded Using JPEG2000 without Generating Marker Codes,”
    in Proc. of IEEE International Conference on Image Processing, no.WA-P1.3, pp.III-205-208, Barcelona, Spain, 17th September, 2003.

  28. Shoko IMAIZUMI, Ayuko TAKAGI, and Hitoshi KIYA,
    Lossless Inter-Frame Video Coding Using Extended JPEG2000,”
    in Proc. of International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications, Phuket, Thailand, 1st July, 2002.

国内会議論文

  1. 森永早織, 今泉祥子,
    切取り攻撃に対する耐性を考慮した情報埋込み法,”
    日本写真学会 年次大会, no.INP-25f, p.176, 千葉市, 2018年6月21日 (発表予定).

  2. 平岡琴子, 今泉祥子,
    カラー画像のための可逆輝度向上手法,”
    日本写真学会 年次大会, no.INP-22f, p.175, 千葉市, 2018年6月21日 (発表予定).

  3. 井澤佑介, 今泉祥子, 貴家仁志,
    階層的な復号を可能とするブロックスクランブル画像暗号化法,”
    電子情報通信学会 EMM研究会, vol.117, no.476 (EMM2017-77), pp.1-6, 奄美市, 2018年3月5日.

  4. 菊池敦史, 今泉祥子, 貴家仁志,
    アクセス制御を可能とするブロックスクランブル暗号化法,”
    電気学会 システム研究会, no.ST-18-008, pp.35-40, 千葉市, 2018年1月27日.

  5. 氏家啓貴, 茂木一磨, 小笠原剛史, 今泉祥子, 城野誠治, 皿井舞,
    文化財画像のための暗号化システムの開発,”
    日本写真学会 年次大会, no.B01, p.155, 東京都千代田区, 2017年6月20日.
    最優秀研究発表ポスター賞

  6. 小笠原剛史, 今泉祥子, 貴家仁志,
    攻撃耐性向上のためのブロックスクランブル暗号化法とその鍵管理,”
    電子情報通信学会 EMM研究会, vol.116, no.501 (EMM2016-91), pp.31-36, 宮古島市, 2017年3月6日.

  7. 小笠原剛史, 今泉祥子, 貴家仁志,
    ロスレス画像圧縮のためのカラーブロックスクランブル暗号化法の拡張,”
    電子情報通信学会 EMM研究会, vol.116, no.303 (EMM2016-61), pp.43-48, 大分市, 2016年11月17日.

  8. 今泉祥子,
    符号化処理を考慮したカラー画像の知覚暗号化法,”
    日本写真学会 年次大会, no.CW9, p.160, 横浜市, 2016年6月8日.
    招待講演

  9. 梁俊曦, 今泉祥子, 青木直和,
    Random Forestを用いた時系列データマイニング,”
    日本写真学会 年次大会, no.A6p, p.195, 横浜市, 2016年6月8日.

  10. 石塚賢人, 今泉祥子, 青木直和,
    JPEG圧縮を考慮したカラー画像に対する知覚暗号化法,”
    日本写真学会 年次大会, no.A5p, p.194, 横浜市, 2016年6月8日.

  11. 今泉祥子,
    画像・映像信号のためのセキュリティ技術,”
    電子情報通信学会 回路とシステムワークショップ, no.B1-3-1, pp.184–189, 北九州市, 2016年5月12日.
    招待講演

  12. 中尾友哉, 今泉祥子, 青木直和,
    視認困難性を考慮した可逆画像符号化のための知覚暗号化方式,”
    電子情報通信学会 EMM研究会, vol.115, no.479 (EMM2015-85), pp.51-56, 屋久島町, 2016年3月2日.

  13. 茂木一磨, 今泉祥子, 青木直和,
    YIQ色空間を用いたカラー画像のための改ざん検出法,”
    電子情報通信学会 EMM研究会, vol.115, no.479 (EMM2015-79), pp.19-24, 屋久島町, 2016年3月2日.

  14. 小笠原剛史, 今泉祥子, 青木直和, 小林裕幸,
    可逆情報埋込みを用いたJPEG2000符号化画像の改ざん検出法,”
    電子情報通信学会 EMM研究会, vol.114, no.511 (EMM2014-82), pp.31-36, 石垣市, 2015年3月12日.

  15. 茂木一磨, 今泉祥子, 青木直和, 小林裕幸,
    限定色画像に対する多ビット情報埋込み方式の改善,”
    電子情報通信学会 EMM研究会, vol.114, no.511 (EMM2014-79), pp.13-17, 石垣市, 2015年3月12日.

  16. 中尾友哉, 今泉祥子, 青木直和, 小林裕幸,
    ROI領域に対するJPEG2000符号化画像の選択的暗号化方式,”
    電子情報通信学会 EMM研究会, vol.114, no.511 (EMM2014-78), pp.7-12, 石垣市, 2015年3月12日.

  17. 武田耀, 今泉祥子, 青木直和, 小林裕幸,
    HAMを用いた暗号化型可逆情報埋込法,”
    電子情報通信学会 EMM研究会, vol.114, no.424 (EMM2014-68), pp.9-14, 仙台市, 2015年1月28日.

  18. 山口景子, 今泉祥子, 青木直和, 小林裕幸,
    電子コミックへの質感の付加による印象変化,”
    画像関連学会連合会 秋季合同大会, no.PC11, p.370, 京都市, 2014年11月21日.

  19. 栗原健太, 斉藤裕子, 今泉祥子, 塩田さやか, 貴家仁志,
    JPEG/モーションJPEG画像のための知覚暗号化とその効率的鍵管理法,”
    電子情報通信学会 SIS研究会, vol.114, no.205 (SIS2014-53), pp.13–18, 鶴岡市, 2014年9月11日.

  20. 有賀大貴, 今泉祥子, 青木直和, 小林裕幸,
    演算コストを考慮したカラー画像に対する視覚復号型秘密分散法,”
    日本写真学会 年次大会, no.DP11, p.155, 千葉市, 2014年5月27日.

  21. 川田健太, 今泉祥子, 青木直和, 小林裕幸,
    ワールドワイドな記憶色調査方法の確立,”
    日本写真学会 年次大会, no.DL2, p.123, 千葉市, 2014年5月27日.

  22. 谷口敢一, 今泉祥子, 青木直和, 小林裕幸,
    視覚特性を考慮した限定色画像に対する大容量情報埋込方式,”
    電子情報通信学会 EMM研究会, vol.113, no.480 (EMM2013-100), pp.3-8, 金沢市, 2014年3月7日.

  23. 戸部悠人, 今泉祥子, 青木直和, 小林裕幸,
    スクランブル領域選択可能な限定色画像に対する情報半開示法,”
    電子情報通信学会 暗号と情報セキュリティシンポジウム, no.4F1-2, pp.1-6, 鹿児島市, 2014年1月24日.

  24. 飯島健太, 今泉祥子, 青木直和, 小林裕幸,
    MDAクラスタリングと色トレスを用いたドット絵風画像の生成,”
    映像情報メディア学会 冬季大会, no.1-2, 東京都, 2013年12月18日.

  25. 戸部悠人, 今泉祥子, 青木直和, 小林裕幸,
    カラーマップの色変換を用いた限定色画像に対する情報半開示法,”
    電子情報通信学会 EMM研究会, vol.113, no.212 (EMM2013-55), pp.13-18, 熊本市, 2013年9月12日.

  26. 谷口敢一, 今泉祥子, 青木直和, 小林裕幸,
    インデックスカラーのクラスタリングを用いた大容量情報埋込み法,”
    電子情報通信学会 EMM研究会, vol.113, no.212 (EMM2013-54), pp.7-12, 熊本市, 2013年9月12日.

  27. 石塚賢人, 今泉祥子, 青木直和, 小林裕幸,
    スケーラブル符号化画像のための閾値秘密分散を用いたアクセス制御方式,”
    電子情報通信学会 回路とシステムワークショップ, no.Bd2-1-3, pp.408–413, 淡路市, 2013年7月30日.

  28. 瀧本克真, 藤吉正明, 今泉祥子, 貴家仁志,
    秘密分散法と属性ベース暗号を用いたコンテンツ保護法,”
    電子情報通信学会 EMM研究会, vol.113, vol.138 (EMM2013-29), pp.199–204, 札幌市, 2013年7月18日.

  29. 王楊, 今泉祥子, 青木直和, 小林裕幸,
    顔観察時間の印象への影響,”
    日本写真学会 年次大会, no.EP18, p.202, 千葉市, 2013年5月28日.

  30. 石黒慎一郎, 今泉祥子, 青木直和, 小林裕幸,
    眼球運動解析によるウェブ広告認知の分析,”
    日本写真学会 年次大会, no.EP16, p.200, 千葉市, 2013年5月28日.

  31. 高橋優美, 今泉祥子, 青木直和, 小林裕幸,
    視覚的触覚の研究,”
    日本写真学会 年次大会, no.EP15, p.199, 千葉市, 2013年5月28日.

  32. 川田健太, 今泉祥子, 青木直和, 小林裕幸,
    ディスプレイを用いた記憶色調査方法の検討,”
    日本写真学会 年次大会, no.EP14, p.198, 千葉市, 2013年5月28日.

  33. 陳晨, 趙銀珠, 今泉祥子, 青木直和, 小林裕幸,
    質感についての記憶構造とその感性効果,”
    日本写真学会 年次大会, no.EP13, p.197, 千葉市, 2013年5月28日.

  34. 桃井彩香, 今泉祥子, 青木直和, 小林裕幸,
    ミュラー・リヤー錯視の変型図形の錯視,”
    日本写真学会 年次大会, no.EP12, p.196, 千葉市, 2013年5月28日.

  35. 上野裕理, 今泉祥子, 青木直和, 小林裕幸,
    種々写真集の電子書籍化による印象変化について,”
    日本写真学会 年次大会, no.EP11, p.195, 千葉市, 2013年5月28日.

  36. 石塚賢人, 今泉祥子, 青木直和, 小林裕幸,
    スケーラブル符号化画像のための秘密分散法を用いたアクセス制御,”
    日本写真学会 年次大会, no.DP10, p.194, 千葉市, 2013年5月28日.

  37. 小澤慶, 今泉祥子, 青木直和, 小林裕幸,
    限定色画像に対する多ビットステガノグラフィ,”
    電子情報通信学会 総合大会, vol.ISS, no.D-21-6, 岐阜市, 2013年3月20日.

  38. 桃井彩香, 今泉祥子, 青木直和, 小林裕幸,
    ミュラー・リヤー錯視の変型図形から生じる遠近感,”
    日本視覚学会 冬季大会, no.2p09, 新宿区, 2013年1月24日.

  39. 仲原孝史, 今泉祥子, 青木直和, 小林裕幸,
    オオウチ錯視における錯視量の移動角度依存性,”
    日本視覚学会 冬季大会, no.1p07, 新宿区, 2013年1月23日.

  40. 瀧本克真, 倉上高史, 今泉祥子, 藤吉正明, 貴家仁志,
    閾値型秘密分散法のシェアを用いたアクセス制御方式の拡張,”
    電子情報通信学会 暗号と情報セキュリティシンポジウム, no.2C3-1, pp.1–7, 京都市, 2013年1月23日.

  41. 上野裕理, 今泉祥子, 青木直和, 小林裕幸,
    写真集の電子化による印象変化について,”
    日本写真学会 秋季研究発表会, no.P12, p.454, 京都市, 2012年11月30日.

  42. 谷口敢一, 今泉祥子, 青木直和, 小林裕幸,
    可逆電子透かしを用いた多重階層型改ざん位置検出方式,”
    映像情報メディア学会 年次大会, no.25-8, 広島市, 2012年8月31日.

  43. 陳晨, 今泉祥子, 青木直和, 小林裕幸,
    質感についての記憶構造とその感性効果,”
    映像情報メディア学会 年次大会, no.7-6, 広島市, 2012年8月29日.

  44. 万夏子, 今泉祥子, 青木直和, 小林裕幸,
    粒状付加によるシャープネス向上効果,”
    映像情報メディア学会 年次大会, no.7-7, 広島市, 2012年8月29日.

  45. 小澤慶, 今泉祥子, 青木直和, 小林裕幸,
    限定色画像に対する多ビット情報埋込法の画質改善,”
    電子情報通信学会 EMM研究会, vol.112, no.190 (EMM2012-45), pp.57-62, 山口市, 2012年8月28日.

  46. 武克寧, 鄧珮, 今泉祥子, 青木直和, 小林裕幸,
    好ましい男性の肌色,”
    日本写真学会 年次大会, no.EP19, p.184, 千葉市, 2012年5月30日.

  47. 野田斉, 今泉祥子, 青木直和, 小林裕幸,
    写真と絵画の境界,”
    日本写真学会 年次大会, no.EP18, p.183, 千葉市, 2012年5月30日.

  48. 山口翔吾, 今泉祥子, 青木直和, 小林裕幸,
    等輝度刺激における視覚効果,”
    日本写真学会 年次大会, no.EP17, p.182, 千葉市, 2012年5月30日.

  49. 小林裕幸, 安達香織, 今泉祥子, 青木直和,
    筆触における画家らしさの定量化,”
    日本写真学会 年次大会, no.EP16, p.181, 千葉市, 2012年5月30日.

  50. ラクパイトゥーン カナカーン, 今泉祥子, 青木直和, 小林裕幸,
    タイ壁画の色彩研究3,”
    日本写真学会 年次大会, no.EP15, p.180, 千葉市, 2012年5月30日.

  51. 青木直和, 熱田哲, 今泉祥子, 小林裕幸,
    アニメーションにの肌色ーセルアニメと3Dアニメの比較ー,”
    日本写真学会 年次大会, no.EP14, p.179, 千葉市, 2012年5月30日.

  52. 松田画, 今泉祥子, 青木直和, 小林裕幸,
    オオウチ錯視における輝度刺激レベルの見えへの影響,”
    日本写真学会 年次大会, no.EP13, p.178, 千葉市, 2012年5月30日.

  53. 耿競, 今泉祥子, 青木直和, 小林裕幸,
    絵画に最適な調子再現ー油絵についてー,”
    日本写真学会 年次大会, no.EP12, p.177, 千葉市, 2012年5月30日.

  54. 桃井彩香, 今泉祥子, 青木直和, 小林裕幸,
    Muller-Lyer錯視の見えと眼球運動の関係,”
    日本写真学会 年次大会, no.EP11, p.176, 千葉市, 2012年5月30日.

  55. 戸部悠人, 今泉祥子, 青木直和, 小林裕幸,
    カラー画像に対する可視変換型電子透かし,”
    日本写真学会 年次大会, no.DP10, p.175, 千葉市, 2012年5月30日.

  56. 今泉祥子, 青木直和, 小林裕幸, 貴家仁志,
    メディアアクセス制御のための再帰ハッシュ連鎖型多次元鍵派生方式,”
    電子情報通信学会 暗号と情報セキュリティシンポジウム, no.4F1-2, 金沢市, 2012年2月2日.

  57. 今泉祥子, 藤吉正明, 貴家仁志, 青木直和, 小林裕幸,
    スケーラブル符号化画像に対するアクセス制御のための効果的な暗号鍵生成方式,”
    電子情報通信学会 ソサイエティ大会, vol.ESS, no.A-7-3, p.169, 札幌市, 2011年9月14日.

  58. 今泉祥子, 藤吉正明, 貴家仁志,
    階層性を有するマルチメディアコンテンツのための効率的アクセス制御方式,”
    電子情報通信学会 SIP研究会, vol.110, no.440 (SIP2010-152), pp.203-208, 石垣市, 2011年3月3日.

  59. 今泉祥子, 藤吉正明, 貴家仁志,
    ディジタルコンテンツのアクセス制御のための再帰ハッシュ連鎖を用いた暗号鍵生成方式,”
    電子情報通信学会 マルチメディア情報ハイディング(MIH)研究会, pp.25-30, 長崎市, 2010年10月8日.

  60. 今泉祥子, 藤吉正明, 貴家仁志,
    再帰型ハッシュ連鎖を用いたディジタルコンテンツのアクセス制御方式,”
    電子情報通信学会 ソサイエティ大会, vol.ESS, no.A-7-10, p.122, 堺市, 2010年9月17日.

  61. 今泉祥子, 阿部淑人, 藤吉正明, 貴家仁志,
    ディジタル動画像配信サービスにおけるアクセス制御方式,”
    電子情報通信学会 暗号と情報セキュリティシンポジウム, no.3F4-1, 高松市, 2010年1月21日.

  62. 今泉祥子, 藤吉正明, 貴家仁志,
    短鍵を用いたJPEG 2000符号化画像の効果的暗号化法,”
    電子情報通信学会 回路とシステム軽井沢ワークショップ, no.Bd2-3-1, pp.533-537, 軽井沢町, 2008年4月22日.

  63. 今泉祥子, 藤吉正明, 貴家仁志,
    鍵長の低減を実現するJPEG 2000符号化画像の階層的暗号化法,”
    電子情報通信学会 信号処理シンポジウム, no.P2-1, pp.660-665, 仙台市, 2007年11月7日.

  64. 今泉祥子, 藤吉正明, 阿部淑人, 貴家仁志,
    結託攻撃耐性を有するJPEG 2000符号化画像の階層的暗号化法,”
    電子情報通信学会 信号処理シンポジウム, no.B8-1, 奈良市, 2006年11月17日.

  65. 今泉祥子, 藤吉正明, 阿部淑人, 貴家仁志,
    結託攻撃耐性を有するJPEG 2000の階層性を保持したアクセス制御型暗号化法,”
    電子情報通信学会 回路とシステム軽井沢ワークショップ, no.Bd2-3-4, pp.513-518, 軽井沢町, 2006年4月25日.

  66. 今泉祥子, 藤吉正明, 渡邊修, 貴家仁志,
    結託攻撃耐性を有するJPEG 2000の階層性を考慮したアクセス制御型暗号化法,”
    電子情報通信学会 暗号と情報セキュリティシンポジウム, no.4F1-5, 広島市, 2006年1月20日.

  67. 渡邊修, 今泉祥子, 藤吉正明, 貴家仁志,
    JPEG2000の階層性を保持する拡張されたアクセス制限型暗号化法,”
    電子情報通信学会 回路とシステム軽井沢ワークショップ, no.Bd2-2-1, 軽井沢町, 2005年4月26日.

  68. 今泉祥子, 渡邊修, 藤吉正明, 貴家仁志,
    JPEG 2000の階層性を考慮したアクセス制限型暗号化法,”
    電子情報通信学会 暗号と情報セキュリティシンポジウム, vol.II, no.2C1-5, 神戸市, 2005年1月26日.

  69. 今泉祥子, 貴家仁志,
    画質・処理負担制御パラメータを有するJPEG2000符号化画像の情報半開示法,”
    電子情報通信学会 IE研究会, no.IE2002-251, pp.161-166, 札幌市, 2003年2月1日.

  70. 貴家仁志, 今泉祥子,
    マーカコードの発生を考慮したJPEG2000符号化画像の効果的情報半開示法,”
    電子情報通信学会 ディジタル信号処理シンポジウム, no.D2-5, 函館市, 2002年11月1日.

  71. 貴家仁志, 今泉祥子,
    マーカコードの発生を考慮したJPEG2000符号化画像の情報半開示法,”
    電子情報通信学会 IE研究会, no.IE2002-27, pp.19-24, 那覇市, 2002年6月1日.